『くまモン・カブ』 試作品をお披露目

テレビ熊本 カテゴリ:地域

ホンダが開発中の二輪車『くまモン・カブ』の試作品が8日、県庁でお披露目されました。スーパーカブシリーズ『クロスカブ』の仕様で排気量110CCと50CCの2種類。黒をベースにした車体にくまモンのほっぺの赤がカバーなどにあしらわれ、車体にはくまモンのエンブレムがデザインされています。大津町の熊本製作所で生産され、今年夏までに国内向けの販売を始める計画です。「たいぎゃ、むしゃんよかバイク。世界のいろんなところに行ってみたいモン」とご満悦のくまモン。蒲島知事も「世界から愛されるくまモンと世界から愛されるホンダカブがコラボレーションして、よりいっそう愛されてほしい」と期待を寄せます。1958(昭和33)年に誕生したスーパーカブは60年以上にわたり世界中で親しまれ、生産累計1億台を達成したロングセラーで、ホンダの二輪車とくまモンとのコラボはモンキー、ジョルノに続く第3弾。ところで、くまモンには今年もたくさんの年賀状が届きました。ほとんどが県外からで、台湾や香港、アメリカなど海外からもあり、8日現在で6154通。過去最多だった去年並みの見通しです。「たくさんの年賀状を頂けてとってもうれしかモン。イノシシさんのように猪突猛進で頑張るモーン」とくまモン。年賀状を送ってくれた人たちには、くまモンがサインやメッセージを書いて返事を出すということです。