震度6弱を観測した和水町で一夜あけ被害状況の調査 成人式は予定通り開催

テレビ熊本 カテゴリ:地域

3日午後6時10分ごろ震度6弱を観測した和水町。4日は朝から町の職員などが被害状況の確認や調査を行いました。町によりますと、これまでに人的被害の報告はなく、小学校の窓ガラスが割れるなど21の公共施設で被害が確認されたほか、神社の鳥居に亀裂が入ったり石像が傾いたりするなど合わせて22か所で被害が出たということです。3日の地震で避難所として使われた和水町中央公民館は町の成人式会場です。再び大きな地震が発生するおそれもあり一時は開催も危ぶまれましたが、町は大きな被害が確認されていなかったことから予定通りの開催を決めました。式には95人の新成人が出席、防災服で登壇した髙巣泰廣町長は地震への町の対応や町内の被害状況などを報告したうえで「成人式は人生の大事な節目であり予定通り開催することにした」と説明。そのうえで「災害の多いこの国で災害に立ち向かう強い気持ちを持って人生を歩んでください」と式辞を述べました。