日本と台湾の視覚障害者 サイクリングで交流

テレビ宮崎 カテゴリ:地域

日本と台湾の視覚障害者が2人乗り用の自転車で

県内をサイクリングするイベントがきのうから行われています。

このイベントは、日本と台湾の視覚障害者の親交を深めようと行われ

およそ30人が参加しています。

参加者は西都市をスタートし2人乗り用のタンデム自転車に乗って、

宮崎市までのおよそ50キロの道のりをサイクリング。

意気を合わせてペダルをこいでいました。

県サイクリング協会では自転車で観光地を巡るサイクルツーリズムに力を入れていて

「障害者も楽しめるよう環境整備を進め 国内外からの誘客に繋げたい」と話しています。

あすは、綾町などを訪れる予定です。