出雲市特産 西条柿を使った新メニューが登場

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

出雲市特産の西条柿を使った新メニューがお披露目された。今月21日に行われるイベントのため、和・洋・中の地元料理人の協力で考案。

出雲市平田地区は、県内でも最大の西条柿の産地だが、地元の人もそのまま果物として食べる事しかなく、他の食べ方も提案しPRしたいと平田商工会議所が企画。このほど8種類のメニューが完成し10日試食会が行われた。西条柿と島根産ポークなどを使ったフレンチは、ベーコンやハーブを使ったポテトの上に、ドライの柿が添えられ、柿の甘さと食感をしっかり楽しめるよう工夫した品。和食は、タレに西条柿を使った鹿肉の陶板焼き。また中華は西条柿と鶏肉を柿酢のあんかけにした料理など。これらのメニューは、今月21日に平田地区で行われるイベントで、限定70食を提供予定。また翌日からは、地元の3店舗で11月末まで食べることができる。