世界の“薬都”と県 バイオ医薬品などの協定締結

富山テレビ カテゴリ:地域

世界の“薬都”と呼ばれるスイスのバーゼル地域、県はバイオ医薬品などで交流を深める協定を締結した。

新たに結ばれた協定には、市場の拡大が見込まれるバイオ医薬品の技術交流などが盛り込まれ、学術発表会や研究者の派遣などを通じて企業や公的機関の間で交流を強化する。

今年3月、富山大学と県立大学がそれぞれバーゼル大学と学術交流協定を結んでいて、今回の協定にも新たに大学や高等教育機関との交流を進めることが盛り込まれ、研究者と学生の交流や共同研究など学術交流を深めることになった。

石井隆一知事「世界一流の学者の方に来ていただいて一緒に研究開発をしたり、若い人の人材育成に力を入れたり、バーゼル地域と富山県がウインウインの関係で共に飛躍発展できるように努力していきたい」

石井知事は2009年にスイスのバーゼル地域を視察した際、友好協定を充実させ、交流を促進しようと提案していた。