粘り強いぞニッポン! 決勝T見えた! 強豪セネガルと引き分け 長谷部キャプテンの故郷も大声援 静岡・藤枝市

カテゴリ:地域

FIFAワールドカップ・ロシア大会の1次リーグ第2戦で日本は強豪セネガルと引き分け勝ち点1を手にしました。

サムライたちを後押ししようとキャプテン長谷部誠選手の地元・藤枝からも熱い声援が送られました。

ともに初戦で勝利を収めた日本とセネガルの一戦。

藤枝東出身の長谷部選手は2試合連続の先発です。

セネガルに体格で劣る日本は序盤から攻め込まれると前半11分にクリアミスを拾われ先制を許します。

それでも16分、長谷部選手がこの日チーム初のシュートを放ち反撃ののろしをあげます。

そして34分、長いパスから長友選手、乾選手とつなぎ狙い澄ましたシュートで日本が追いつきます。

体を張った守備でチームを盛り立てる長谷部選手。

後半、セネガルに勝ち越された7分後でした。

途中出場の本田選手のゴールで勝ち点1をつかんだ日本。

2大会ぶりの決勝トーナメント進出へ、第3戦の相手はグループリーグ敗退が決まったポーランドです。

市民「長谷部選手のミドルシュートは惜しかった、ポーランド戦では決めてほしい」「ポーランドも強いと思うけど、それ以上に日本が強くなっていると実感できた」