こうち逸品素材マルシェ商談会

その場で買い物ができる展示販売形式の食品商談会が高知市で初めて開かれました。

生産者と飲食店がマッチングできるよう高知県が高知蔦屋書店で初めて開いたこの商談会。商談だけでなく一般の買い物客へもPRするため、生産者が街路市のように店を出しています。

14日はトマトや柑橘といった県産食材、さらにブシュカンのポン酢や菜の花を使ったドレッシングなど、加工品を扱う県内21の生産者が参加しました。この日のイベントではすでに県の内外の飲食店と生産者の間で、いくつかの商談が成立したということです。

このイベントは2月24日にも高知蔦屋書店でトマトサミットと同時開催されます。