ユーグレナが出雲に進出

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

健康食品の製造販売を手掛ける出雲市の会社が生産設備の増設を決め、島根県などとの覚書に調印した。生産設備を強化するのは出雲市の株式会社クロレラサプライで、これまで淡水のプランクトン・クロレラを用いた健康食品の加工製造販売を手掛けていて、今回新たにミドリムシ(学名ユーグレナ)をサプリメントに加工するため、既存工場のクリーンルーム化や設備の増設を行う。クロレラサプライの佐藤社長は「ミドリムシの市場は拡大しているのでその波に乗れるように、製造を拡大することで、県や出雲市の経済発展に貢献できればと思う」と話した。計画に対し県と出雲市は、約4500万円を助成。クロレラサプライは稼働後3年で今の売り上げの倍となる10億円を目指すということで、地元を中心に14人を雇用する予定。