秋田県 森吉山の樹氷が見ごろ 青空に映える「雪の芸術」が観光客を楽しませる

秋田テレビ カテゴリ:地域

秋田県北秋田市の森吉山で樹氷が見ごろを迎えていて、天気にも恵まれた14日は、多くの観光客で山頂付近はにぎわった。

北秋田市の森吉山の標高1200メートル付近に広がる「樹氷平」では「アイスモンスター」と呼ばれる巨大な樹氷が見ごろを迎えている。樹氷は、マイナス5度以下の冷え込みの中で、湿った季節風がアオモリトドマツの枝に吹き付けることでできる自然の芸術。山形の蔵王や青森の八甲田山など東北地方でも出現する場所が限られる。3連休最終日となった14日は、雲ひとつない青空が広がり、10メートルほどの高さまで成長した「アイスモンスター」を見ようと多くの観光客が訪れた。

観光客の一人は「息をのむような美しさで驚いている。」と感想を話した。森吉山の樹氷は3月上旬まで楽しめる。