愛媛の島嶼部 上島町 断水で支援の水も井戸水も山水も地域全体で節水

テレビ愛媛 カテゴリ:地域

豪雨の影響は愛媛県の島嶼部でも。上島町では一部の島を除くほぼ全域で断水していて、再開まであと一週間以上はかかると見られている。島民は飲み水の支援を受けながら知恵を絞って節水に。豪雨の影響で土砂崩れや床下浸水などの被害を受けた上島町は水道水の供給を受ける広島県三原市で取水場などが被害を受け今月7日から断水。12日午後6時現在で約3300戸6200人あまりが影響を受けている。現在、松山市、今治市の支援で毎日約20トンの飲み水の供給を受けているが…。特に食器など洗い物が大量に出る飲食店にとってはまさに死活問題。さらに皿洗いをはじめとする生活用水も山水を使い、これを溜めてトイレの水に。日頃は用水路に流しっぱなしの裏山からしみ出す山水も今は貴重な“命の水”。さらに、汚れないようお皿にラップを巻いて使うなど節水の工夫は欠かせない。それでも足りない水は「井戸水です。ご自由にお使い下さい」と書かれた張り紙が。井戸にポンプを取りつけてみんなで使えるようにしている。昔は井戸のある場所に島のみんなが集まり飲み水を汲んだり洗濯をしたりとまさに井戸端会議をしていたもの。つらい断水を機に浮かび上がってきたのはかつて島に存在した地域コミュニティ。水道の復旧の見込みは今月20日頃になりそうだという。