若狭の海で激泳 オープンウォーター水泳男子 福井県勢初入賞~福井国体

福井テレビ カテゴリ:地域

福井国体の会期前競技、「オープンウォータースイミング」が12日、若狭町の食見海岸で行われました。県勢は男子の豊田壮選手(県スポーツ協会)が4位に入り、県勢としてこの種目で初の入賞を果たしました。

海や湖などを泳ぐ「オープンウォータースイミング」は、2016年岩手国体から正式競技です。福井国体では、若狭町の食見海岸を舞台に、海上に設置された1周625メールのコースを8周5キロを泳ぎ、順位を競います。

男子は日本代表の経験もある県勢の豊田壮選手が出場しました。レースは、序盤からほかの2人が飛び出す展開になり、豊田選手は2番手集団を引っ張りました。

熱い声援を受けながら豊田選手は激しい3位争いを繰り広げ、ゴール直前では競り合い。最後はタッチの差でわずかに表彰台には届きませんでしたが、この種目で県勢初の入賞となりました。

表彰台を逃した豊田選手は「福井の皆さんの応援が力になったが、最後競り負けてしまった」と悔しさをにじませました。

一方、女子の県勢は桑幡真弓選手(県スポーツ協会)が出場。激しく競り合いましたが、惜しくも9位。入賞はなりませんでした。