秋田県内今シーズン2人目・・・屋根の雪下ろしで転落 77歳男性が死亡

秋田テレビ カテゴリ:地域

秋田県大館市で9日屋根の雪下ろしをしていた男性が転落し死亡した。男性は1人で屋根の雪下ろしをしていたと見られる。

雪下ろし作業中の事故があったのは秋田県大館市比内町の住宅の車庫で9日午後1時すぎ男性がはしごの上に倒れているのを近くに住む人が見つけ消防に通報した。

この事故で大館市比内町の無職冨澤俊夫さん77歳が全身を強く打ち病院で治療を受けていましたが事故から約9時間後に亡くなった。

大館警察署によると冨澤さんははしごに乗りながら1人で車庫の屋根の雪下ろしをしていて作業中に3メートル下の雪の上に転落したとみられている。

冨澤さんはヘルメットや命綱をつけていなかった。

今シーズン秋田県内で除雪作業中の事故で亡くなった人は2人目となった。

大館市では雪下ろし注意情報が出ていた。

県は雪下ろしの作業をする際は2人以上で作業すること・命綱・ヘルメットは必ず着用して作業することなどを呼びかけている。