熊大准教授が女児を盗撮 書類送検

カテゴリ:地域

熊本大学大学院の准教授がことし7月、大阪市にある入浴施設の更衣室で女の子を盗撮した疑いで逮捕され児童ポルノ製造の容疑とあわせて、19日に書類送検されました。

大阪府の迷惑防止条例違反などの疑いで書類送検されたのは熊本大学工学部の中村 徹准教授(42)です。

中村准教授はことし7月、大阪市浪速区にある入浴施設の男性更衣室で、父親と来ていた女の子の着替えをスマートフォンの動画で盗撮して逮捕されました。

中村准教授は上着のポケットに、録画状態にしたスマホを差し込み盗撮していたところを男性従業員に見つかって取り押さえられました。

自宅や職場から押収されたパソコンからは、数十個の動画ファイルが見付かり、中村准教授は児童ポルノ製造の疑いでも書類送検されました。

調べに対し中村准教授は容疑を認めているということです。

職員の書類送検を受け熊本大学の原田 信志学長は「社会に与える影響の大きさを深く認識し当該職員に対し厳正に対応してまいります」とコメントしています