今夏参院選に向け野党3党と連合秋田が統一候補選定を再スタート

秋田テレビ カテゴリ:地域

立憲民主・国民民主・社民の3つの政党と連合秋田は今夏の参議院議員選挙に向け統一候補の擁立を目指し協議を重ねている。3党は去年沼谷純県議に立候補を要請したものの固辞され

候補者の選定は白紙からの再スタートとなった。

今夏の参院選への統一候補の擁立を目指す野党3党と連合秋田は昨年末沼谷純県議に立候補を要請したものの沼谷県議は「県内の課題に全力で取り組む」などとして出馬を見送る考えを表明した。これを受け8日開かれた会合では

引き続き統一候補の擁立に向け協力していくことを確認した。

立憲民主党会派の寺田学衆議院議員は「沼谷県議の擁立自体は希望通りにはならなかったが具体的な候補者が各党少なくとも2~3人程度念頭にあるということなので今月中に具体的な作業をつめて2月には全体で了承される

ようなスピード感をもって進めていく」と改めて擁立に全力を注ぐ考えを示した。

3党と連合秋田は昨年末までの統一候補の擁立を目指していたものの定まらず年を越してしまった。

今後3は政党ごとに候補者の案を持ち寄り来月上旬の全体会議で協議し2月中に最終的な候補者を決定したいとしていて統一地方選挙に向け候補者をしっかりと定め連携する方針だ。