宮古島市で50年に一度の記録的大雨 

沖縄テレビ カテゴリ:地域

沖縄気象台はきょう、宮古島市できょう午前1時間に120ミリを超える雨が降り、50年に一度の記録的な大雨となっている所があると発表しました。気象台は、明日まで同じ程度の雨が続くと見て土砂災害などへの警戒を呼び掛けています。

きょう午前10時過ぎの宮古島市…大気の不安定な状態で朝から激しい雨が降り、島内の至る所で冠水が発生…、浸水し立ち往生する車が相次ぎました。午前11時過ぎには1時間に120ミリを超える猛烈な雨を観測し、沖縄気象台は「50年に一度の大雨となっている所がある」と発表しました。これまでに人的な被害や土砂災害は確認されていませんが、宮古島市は島内全域に避難準備情報を発表…、市内9か所に避難所を設け、すぐに避難に出来るように呼び掛けています。また昼過ぎには石垣島地方にも大雨・洪水警報が発表され、午後2時には竹富町・西表島東部で1時間に100ミリ、午後3時に石垣市で1時間に90ミリの猛烈な雨を観測しました。沖縄気象台によりますと、宮古島地方や石垣島地方ではあすの午後6時までの24時間雨量が150ミリに達する見込みです。本島地方も今月2日に接近した台風7号以降断続的に雨が降り続き、那覇市と沖縄市では平年の降水量をすでに倍近く上回っています。沖縄気象台は、明日まで同じ程度の雨の降ると見ていて土砂災害や浸水、河川の氾濫などに注意を呼び掛けています。