自治振興会が奥田交番建て替え・移転を要望

富山テレビ カテゴリ:地域

先々月の奥田交番襲撃事件を受けて地元の自治振興会が県警に対し奥田交番の建て替えや移転を求める要望書を提出した。

きょう、奥田と奥田北校下自治振興会の関係者など5人が富山中央警察署を訪れ、奥田交番の建て替えや移転を含む機能強化を求めた要望書を提出した。

要望書には奥田交番が1960年に建てられてから58年が経過し、県内で最も古いことなどが挙げられているが、提出の背景には襲撃事件を受けて地域住民から自治会に対し、安心して生活を送りたいという要望も多くあったということ。

要望書を受け取った富山中央警察署の前田幹二署長は「警察本部にも伝え、今後、十分に対応したい」と述べ、検討する考えを示した。