正月恒例の荘厳な舞 ユネスコ無形文化遺産「大日堂舞楽」

秋田テレビ カテゴリ:地域

秋田県鹿角市八幡平の正月行事「大日堂舞楽」が2日行なわれ見物客が伝統の舞に魅了された。

「大日堂舞楽」は毎年正月2日に秋田県鹿角市八幡平の大日霊貴神社に奉納される伝統芸能で国の重要無形民俗文化財・ユネスコ国連教育科学文化機関の無形文化遺産に指定されている。

国内に現存する舞楽の中で最も古い形が伝えられていると言われ2日は4つの地区の踊り手たちが集落で代々受け継がれてきた鳥舞や五大尊舞など7つの舞を次々に披露した。

見物客は「初めて見て幻想的で良かった」踊り手は「新しい時代になるので災害のない安寧な年になるように祈って舞った」と話していた。

参拝客など多くの人は笛や太鼓に合わせて繰り広げられる荘厳な舞を楽しんでいた。