辺野古差し止め訴訟 控訴審始まる

沖縄テレビ カテゴリ:地域

普天間基地の名護市辺野古への移設計画を巡り、埋め立て予定地周辺の漁業権を管理する県の許可を得ないまま国が工事を進めるのは違法として、工事の差し止めを求めて県が国を訴えた裁判の控訴審が始まりました。この裁判自体が法律上の争いに当たらないとした国の主張を全面的に支持し、実質的な審理をせずに却下した一審判決に対し、県は漁業権の有無について実質的な審理に入るよう求めました。

これまでの裁判で県は、名護市辺野古沿岸部の埋め立て予定地周辺には県が管理する漁業権が今も存在していて、国が工事を進めるには県の許可を得る必要があると主張していました。いっぽうの国は、そもそも行政を司る県が相手を法や規則に従わせるために訴えを起こすこと自体が裁判には相応しくないとして訴えを退けるよう求めていました。今年3月の一審判決で那覇地裁は国の主張を全面的に認め、県はこれを不服として控訴していました。きょうの控訴審で県は、国はこれまで地元の漁協が漁業権を放棄したことを理由に、埋め立てには県の許可は必要ないとの見解を示していたことから、県の主張とは争いがあるとして、この漁業権が今も存在するかどうかについて実質的な審理を行うよう求めました。これに対し国は、一審同様、今回の県の訴えは裁判に相応しくないという従来の主張を繰り返しました。この裁判は、9月に予定されている2回目の口頭弁論で結審する見通しで、漁業権の有無に関する審理に裁判所が踏み込むのか、その判断が注目されます。