宮崎駅西口の商業施設の名称 アミュプラザに

カテゴリ:地域

宮崎交通とJR九州が共同で開発する宮崎駅西口の商業施設の名称は、

 「アミュプラザ宮崎」に決まりました。

共同で開発されるのは、宮崎交通とJR九州が所有する宮崎駅前の土地と

広島通り側の宮崎交通の土地、あわせて7300平方メートルです。

宮崎駅側のビルは10階建てで、1階から4階までが商業施設、5階と6階に複合型映画館入り、

7階から10階までは、オフィスフロアです。

広島通り側のビルは、6階建てで全て商業施設となります。

商業施設には、衣料品店や飲食店などおよそ50店舗が入る予定です。

2つのビルを合わせた商業施設の広さは1万6100平方メートルで、

名前は アミュプラザ宮崎と決まりました。

施設は、大分県にあるアミュプラザおおいたの半分の規模となっています。

この開発による二つのビル、JR宮交ツインビルの総事業費は約100億円で

来年春に工事に着手し、再来年、2020年の秋に開業する予定です。