百年長寿まちがい梨を限定販売

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

敬老の日を前に長寿への願いを込めて、樹齢100年を超える木から収穫した二十世紀梨を限定販売する企画が、安来市の道の駅で始まった。限定販売の二十世紀梨、「百年長樹まちがい梨」。この企画は、安来市の梨農家・板持さんが5年前から続けているもので、栽培する200本の梨の木のうち、樹齢が100年を超える8本の古木から収穫した梨を限定販売している。梨の木の寿命はふつう60~70年のため、100年を超えてもなお元気に実をつけた梨の木に、100歳を超えてもご長寿の皆さんに元気でいてほしいという思いを重ねた。この「百年長樹まちがい梨」は50セットが販売されている。