錦織圭選手準決勝で敗退 地元から熱きエール

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

全米オープンテニスの準決勝が行われ、松江市出身の錦織選手はジョコビッチ選手と対戦。4年ぶりの決勝進出は逃したが、地元からは熱いエールが贈られた。男子シングルス準決勝で錦織選手は世界ランキング6位のジョコビッチ選手と対戦。錦織選手の地元松江市ではパブリックビューイングが開かれた。会場には、約100人の市民が応援に訪れ、中には小学生の頃から中学時代まで指導した柏井正樹コーチの姿も見られた。錦織選手は、最後までジョコビッチのディフェンスを打ち崩すことができず、全米オープンはベスト4で幕を閉じた。試合には敗れたものの、地元の会場からは熱きエールが送られた。