秋田県男鹿市で揚がったズワイガニを「舞雪がに」のブランドで売り出しへ

秋田テレビ カテゴリ:地域

秋田県男鹿市は、男鹿沖で獲れた本ズワイガニを12月から「舞雪がに」のブランド名で売り出す。港では基準を満たすカニの仕分け作業に追われている。

「舞雪がに」は男鹿で水揚げされた本ズワイガニのうち、800グラム以上あり、足のそろったカニを認定するもので、男鹿市などは12月20日から水揚げされたカニを選別し、売り出している。秋田県男鹿市の船川漁港では、漁師や漁協の関係者が水揚げされたズワイガニの中から、「舞雪がに」の基準に合ったカニを仕分ける作業に追われている。水揚げされたカニの約2割が「舞雪がに」の基準を満たしているという。男鹿市は男鹿のカニのブランド化を進め、「舞雪がに」のPRに取り組んでいく。