緊急時の避難行動について事前に整理 小学校でマイ・タイムラインの出前授業【岡山・矢掛町】

カテゴリ:地域

西日本豪雨で被災した岡山県矢掛町の小学校で、子供たちが緊急時の避難行動について事前に整理しておくタイムライン作りを体験しました。

体験授業が行われたのは、矢掛町の中川小学校です。マイ・タイムラインとは、災害が発生した場合、いつ、何をするのかを事前に整理しておく防災計画で、西日本豪雨の体験をふまえ、中国地方整備局が作成した検討ツールを使いました。参加した5、6年生あわせて11人は、台風が接近している時の事前の行動について考えたり、クイズに答えながら避難時の注意点について学んでいました。整備局では、今後も地域や学校などで、こうした講習会を開き、防災意識を高めてもらうことにしています。