公務員の29歳の男を逮捕 酒気帯び運転の現行犯 ふらつく車をパトカーが発見【香川・高松市】

カテゴリ:地域

香川県中讃土地改良事務所に勤務する29歳の男が、4日未明、高松市で、酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。

現行犯逮捕されたのは、香川県中讃土地改良事務所の職員で、さぬき市志度に住む木村潤容疑者です。警察の調べによりますと、4日午前1時半頃、高松市木太町の国道で、ふらついている乗用車を巡回していたパトカーが発見、運転していた木村容疑者の呼気から基準値以上のアルコールが検出されたということです。木村容疑者は、自宅に帰る途中で、警察の取り調べに対して「間違いありません」と容疑を認めているということです。香川県人事・行革課は、「事実関係が明らかになり次第、厳正に措置したい」とコメントしています。