島根原発3号機 原子力規制委で審査開始

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

中国電力が新規稼働をめざす島根原発3号機について、国の適合性審査が始まった。しかし、原子力規制庁側は「審査しようがない」として当面、3号機は審査しないことを決めた。

東京で行われた島根原発3号機に対する原子力規制委員会の第1回審査会。まずは、中国電力側が安全対策など、申請内容の説明を行った。原子力規制庁の山田知穂原子力規制部長は「審査できるものを出さないと審査できません」と述べた。規制委側は地震や津波など立地環境について、現在審査中の2号機の申請データと同じ2013年の古い数値を3号機にも使っている事を指摘して更新を求めた。

これに対し、中国電力電源事業本部の北野立夫副本部長は「2号で確定すべき所は2号を優先して審査頂いて、速やかに3号炉に反映させようと考えた」と述べた。中国電力では2号機の審査を優先させて、確定した数値を3号機に反映させてほしい、との考えを説明した。

これを踏まえ、規制委は現段階では3号機は「審査しようがない」とし、審査会を終えた。

今後について規制委は現在、継続中の2号機の審査を終えるまでは、3号機の審査はしないとする方針を明らかにした。