子供たちも挑戦・・・素足で火渡り 高知

素足で火の上を歩き今年の厄を払う「火渡り」が、高知市の寺で行われました。

高知市の弘法寺で行われた「火渡り」は、1年の厄を払い幸福を願う伝統行事です。

高さ3メートルまで組み上げられた檜に火がつけられ、無病息災などを願う護摩が

焚き上げられます。

炭をならして火の道が完成。まだ火のついた炭の上を住職らが駆け抜けた後、

一般の参加者が次々と渡りました。中には子供たちの姿も。

参加した小学生の男の子は「熱かったけれど、テストの点が100点になるよう

お願いした」と話していました。

熱さをこらえながらも無事渡り終えた人たちは、新年に向けて気持ちを新たにしていました。