これがすべり台?月山・弓張平公園におもしろ遊具登場 山形・西川町

さくらんぼテレビ カテゴリ:地域

14日からの3連休を前に、山形県西川町の弓張平公園に県内初お目見えの遊具が設置され、早速、地元の子供たちが楽しんだ。

西川町志津の弓張平公園の子供広場の設置されたのは、9つの遊びを組み合わせた複合遊具。遊具を選ぶ際、地元の西川小学校とにしかわ保育園の子供たちにどんな遊びがしたいかをアンケートし、その結果が反映された。

(記者)

「実はこの遊具は県内初導入。確かに見たことが無いものが多い。私が気になったのはすべり台。すべり台ではあるがお尻を付ける部分が無い。2本の棒にまたがって滑ることでバランス感覚が養える」

一番に遊具を楽しんだのはアンケートに協力した西川小の5年生の子供たち。揺れたり、回転したり、バランスをとったり。遊びながら体力やバランス感覚を養える遊具に夢中になっていた。

(西川小5年・紺野きよらさん)

「遊んだことがない種類の遊具で楽しかった」

(西川小5年・奥山翼さん)

「(1番楽しかったのは?)ちょっと力がいるけど、やっていると楽しくなってきて面白かった」

標高約600メートルにある弓張平公園は平地より3℃ほど気温が低く、これからの時期、自然の中で思い切り遊ぶのもおすすめ。