懐かしいカラーの“軌道線”復活 駿豆線120周年で運行 静岡・伊豆箱根鉄道

テレビ静岡 地域

伊豆箱根鉄道・駿豆線の120周年を記念して、開業当時に路面電車として活躍していた緑とクリーム色の車両の運行が始まりました。

運行が始まったのは路面電車「軌道線」の色を復元した車両です。

1906年から1963年まで伊豆箱根鉄道の前身、豆相鉄道で運行されていました。

車内には歴史を振り返る写真も展示されています。

当時を知る乗客たちは懐かしい思い出に包まれながら電車の旅を楽しみました。

この車両は12日から週に1日程度運行する予定で三島駅と修善寺駅の間を1日約10往復します。