九州電力 13日に再生エネの「出力制御」を実施

テレビ宮崎 カテゴリ:地域

九州電力は、13日に太陽光発電などの「出力制御」を行うと発表しました。離島を除いては、国内では初めての実施となります。

「出力制御」とは、太陽光発電など再生可能エネルギーの事業者に一時的に発電の停止を求めるものです。

今週末は九州各地でおおむね晴れて一定量の太陽光発電が見込まれる一方で気温はあがらず、冷房などの電力需要が少ないと予想されています。

このため電力の需給バランスが崩れて大規模停電が起きる可能性があり、九州電力では出力制御の実施を決定しました。家庭用の太陽光発電は対象外です。

今回県内で対象となるのは、約3300の事業者の一部で、午前9時〜午後4時の間の発電停止を求めています。

14日も実施するかどうかは、13日の夕方に決定します。