松江市で盲女性の全国大会

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

全国の視覚障がい者団体の女性会員や関係者が一堂に会し、視覚障がい者の社会的自立や地位の向上などを目指した研修会が松江市で開かれた。

全国盲女性研修大会は、視覚障がいのある女性を取り巻く課題について協議し、豊かな暮らしと共生社会の実現を目指そうと、日本盲人会連合が毎年開いていて島根県では49年ぶりの開催となる。

8月31日から3日間の日程で開かれているこの大会には、全国の視覚障がい者団体の女性会員や関係者など約340人が参加。この日は東北や関東、九州など各ブロックの代表者9人が日頃抱く思いや、感じる不満などをスピーチした。発表した代表者は「色々な場面で私たちはできないことが沢山あるけども、こうしてもらえばここまで出来るなど発信力を高めていかないといけない」などと思いを語った。主催者は、この会が障がい者同士がつながるきっかけになるとともに、障がいへの理解度がさらに深まればと話していた。