第6師団部隊 被災地へ 衛生保持が任務

さくらんぼテレビ カテゴリ:地域

西日本を中心とした豪雨災害を受け、山形県東根市にある陸上自衛隊第6師団が公共機関や病院での消毒作業にあたる隊員14人を被災地に派遣した。

派遣されたのは陸上自衛隊第6師団の第6特殊武器防護隊。今回の派遣は東北方面隊からの命令を受けたもので、隊員14人と除染車2台を含む車両4台が12日正午頃、神町駐屯地を出発した。部隊は広島県の海田市駐屯地を拠点に、被災地にある公共施設や病院、避難所でトイレの消毒などを行う広域防疫隊として任務に当たる。被災地では水たまりからの蚊の発生や人が集まることによる衛生環境の悪化が懸念されている。

(第6特殊防護隊・村山勝彦隊長)

「(被災地の)地域住民が普段の生活に一歩でも早く戻れるよう任務を完遂してほしい」

部隊はあさって広島県に到着し、その日のうちに活動を始める。