神奈川で国内初の死亡者も 県庁で新型肺炎の警戒本部会議【新潟】

カテゴリ:地域

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がるなか、県庁で14日、3回目の警戒本部会議が開かれました。

県庁で開かれた新型コロナウイルス感染症に関する警戒本部会議には、県の関係部局のほか新潟大学大学院医歯学総合研究科の齋藤玲子教授も出席しました。

新型コロナウイルスによる肺炎をめぐっては13日、神奈川県内の病院で国内初の死亡者が出ました。

齋藤教授は感染のステージが1つ上がったと指摘しながらも、具体的な感染の恐れは、関東や関西など中国人観光客が多く訪れた地域にあり、県内でのリスクは今のところ低いと話しました。

【新潟大学大学院医歯学総合研究科・齋藤玲子教授】

「あまり慌てずに、インフルエンザ流行期と同じような衛生上の注意をして暮らしていただければ」

県は引き続き医療機関との連携など警戒態勢を維持していくことにしています。