西日本豪雨被災地へ・山形からもTEC-FORCE派遣

さくらんぼテレビ カテゴリ:地域

西日本を中心とした豪雨災害を受け、国土交通省北陸地方整備局は山形県小国町にある砂防事務所の職員2人を広島県に派遣した。

国交省は大きな災害が発生した際に、緊急災害対策派遣隊・TEC-FORCE(テック・フォース)を現地に派遣し、河川や道路などの被災状況の速やかな把握に努めている。

今回県内から派遣されたのは飯豊山系砂防事務所(小国町)の石田正樹副所長など2人で、広島県内で土砂災害のメカニズムを含めた調査に当たる。12日朝、事務所前で出発式が行われた。

(派遣される石田正樹副所長)

「隊員の健康や安全も十分考慮して、迅速に、効率的にミッションを遂行したい」

(飯豊山系砂防事務所・石田和典所)

「全国5つの地方整備局が同時に被災するという甚大で広範囲な災害だと捉えている」

2人は夕方、広島県に入り、13日から19日まで活動する。