庄内に大雨警報・鶴岡市荒沢で1時間降水量 57ミリ 9月の観測史上最大を記録 山形

カテゴリ:地域

山形県内は大気の状態が不安定で、庄内を中心にまとまった雨が降った。鶴岡市荒沢では1時間降水量が57ミリに達し、9月の観測史上最大を記録した。庄内には大雨警報が発表されている。(11日午後6時時点)

日本海から東北地方に伸びる前線や前線上の低気圧に向かって暖かい湿った空気が入り込んだ影響で、県内は大気の状態が不安定になっている。

鶴岡市荒沢では1時間に57ミリの非常に激しい雨が降り、9月の観測史上最大を記録した。また降り始めから午後4時までの降水量も鶴岡市荒沢で85.5ミリ、西川町大井沢で44.5ミリなどとなっていて、山形地方気象台は庄内に大雨警報を発表し、土砂災害などへの警戒を呼び掛けている。

雨の影響で、JR羽越線のあつみ温泉駅と新潟県の村上駅の間で上下2本が区間運休した。この後も

夜のはじめ頃にかけて雷を伴った強い雨が降る見込み。