新潟市予算案 総額3910億円 人口減少対策など重点

カテゴリ:地域

新潟市は14日、総額3910億円の新年度予算案を公表しました。

前年度から12億円少なく、2年ぶりの減額となりました。

14日に発表された新潟市の新年度予算案。

前年度を12億円下回り、2年ぶりの減額となる総額3910億円となりました。

予算案では、人口減少対策として保育士の人材確保を目的とした事業に新たに1100万円を計上したほか、インバウンド対策として6600万円を計上しました。

また古町再生プロジェクトチームを設置し、古町地区の活性化に向けた取り組みを強化します。

新潟市が進めている集中改革プランは2年目となり、事業の見直しを行うことで10億円を捻出。

市の貯金にあたる基金は、3億円を積み立てる計画です。

【新潟市 中原八一市長】

「人口減少対策や拠点性の向上などの最重要課題に的確に投資するため、集中改革の取り組みを実行しながら未来に向かって活力ある新潟市を実現する」

新年度予算案は2月18日に始まる、新潟市議会で審議されます。