彩り豊かな装飾芸術の世界 香水瓶とタピスリー展 静岡・掛川市

テレビ静岡 地域

フランスで制作された香水の瓶とタピスリーと呼ばれる壁かけの展示会が掛川市で開かれています。

会場には19世紀末からフランスで制作された香水の瓶約100点が展示されガラス本来の輝きを活かした美しさを競っています。

作品はクリスタルガラスのブランド「バカラ」やフランスの工芸家ルネ・ラリックが手掛けたもので透明感と高い芸術性を楽しむことができます。

また綴織(つづれおり)という技法で織られたタピスリーと呼ばれる壁掛けも展示され彩り豊かな装飾芸術の世界が訪れた人を魅了しています。

この展示会は掛川市の資生堂アートハウスで今月24日まで開かれています。