静岡も春の嵐 3月の観測史上最大の雨量

カテゴリ:地域

前線をともなった低気圧の影響で県内は8日から激しい雨となり9つの観測地点で3月の観測史上最大の雨量を記録した。

前線と低気圧の影響で県内は9日朝にかけ激しい雨となった。

8日からの24時間雨量は天城山で281ミリ、梅ケ島で179ミリとなり9つの地点で3月の観測史上最大を記録した。

雨量が規制値を超えたため伊東市や富士市などの道路15路線で通行止めの措置が取られた。

その後、雨のピークは過ぎ県内に出されていた大雨警報や洪水警報は9日午前11時前にすべて解除された。

気象台によると雨雲は9日昼ごろには県内を抜ける見込みだが午後も広い範囲で雲が広がる空模様になるという。