新潟市 障害者雇用数を水増し

新潟総合テレビ カテゴリ:地域

新潟市の篠田昭市長は3日の会見で新潟市でも障害がある人の障害者手帳を確認しておらず障害者雇用数が水増しされていたことを明らかにしました。新潟市では採用後に病気などにより障害があると判断した職員のうち9人が障害者手帳がない、または確認ができなかったということです。これにより新潟市の障害者雇用率は法定雇用率を下回る2.3%となります。新潟市は障害者の採用枠の拡大を図るほか不適切な事務を行った職員の処分を検討する方針です。