「夢」がもたらす強さ 五輪メダリストの特別授業 山形

さくらんぼテレビ カテゴリ:地域

アテネオリンピック競泳背泳ぎの銅メダリスト、森田智己さんの水泳教室が山形県上山市の小学校で開かれた。森田さんが伝えたのは「夢がもたらす強さ」。

特別講師としてプールの授業に招かれたのはアテネオリンピックの競泳背泳ぎで銅メダルを獲得した森田智己さん。2年後に迫った東京オリンピックを身近に感じてもらい、夢や目標を持つことの大切さを知ってもらおうと開かれた。森田さんは子どもたちに、中学時代いじめに遭った経験やオリンピックの代表の座を射止めるまで鎖骨骨折など度重なるけがに見舞われた事など、挫折した経験を語った。そして、それらを乗り越えられたのは夢を持ち、何にでも強い気持ちで向き合ったからだと伝えていた。

(男子児童)

「オリンピックに出るほど(泳ぎが)早かった。僕もオリンピックに出たい。バタフライで出たい」

(森田智己さん)

「2020年の東京五輪がやってくるが、水泳に限らず色んな刺激を受けて大きな夢を見つけてもらいどんなことにも負けずに強く育ってほしい」

森田さんから刺激を受けた子どもたちはこれから大きな夢や目標を見つけて、絶対叶えるという強い気持ちを持ちたいと話していた。この授業は7月13日、市内の別の小学校でも開かれる。