観光事業進出の足がかりに 中電が地域体験マッチングサービス【岡山】

カテゴリ:地域

中国電力は、観光事業進出の足がかりとして、アウトドアなどの地域体験をマッチングするサイトの運営会社と提携することを発表しました。

中国電力が提携するのは、地域体験マッチングサービス「TABICA」を運営する「ガイアックス」です。「TABICA」は、地域ならではのアウトドアや物作り体験を希望する人と、その体験を提供する「ホスト」をつなぐサービスで、約5万5000人が登録しています。しかし、「ホスト」の数が中国5県で43人にとどまっていて、中国電力は、自治体の協力を得ながら「ホスト」を数百人規模に増やすほか、希望者が多い体験を発掘するサービスを展開します。中国電力は、来月9日から「ホスト」希望者を対象にしたワークショップを中国5県で開く予定です。