「藤井七段との名人戦も期待」将棋・豊島新名人誕生に地元の愛知・一宮市で歓喜の声

カテゴリ:地域

 愛知県一宮市出身、将棋の豊島将之二冠が将棋界で最も歴史のある名人のタイトルを獲得したことを受け、地元からも喜びの声が上がっています。

 17日、福岡県で行われた第77期名人戦・七番勝負の第四局。愛知県一宮市出身の豊島将之二冠(29)が佐藤天彦名人(31)を破り、初戦から四連勝となり名人のタイトルを東海地方出身者で初めて獲得しました。

 一宮市の将棋関係者からも喜びの声が上がりました。

 豊島新名人と親交がある、一宮将棋同好会会長の神田和徳さんは「東海地方初の快挙で本当にうれしく思います。将来、藤井七段との名人戦も期待します」と話していました。

 豊島新名人は棋聖・王位と合わせ三冠となりました。