争点は“どちらが殺害実行か”…不倫関係の女と共謀しその夫を殺害した罪 男に懲役14年の判決

カテゴリ:国内

 三重県鈴鹿市で男性が妻とその交際相手の男に殺害されたとされる事件で、津地裁は男に懲役14年の判決を言い渡しました。

 三重県鈴鹿市の無職・上山真生被告(30)は交際相手の横山富士子被告(46)と共謀し去年5月、富士子被告が経営するスナックで、夫の横山麗輝さん(当時25)の首を電気コードで絞め、殺害した罪などに問われていました。

 これまでの裁判員裁判で、上山被告は起訴内容を認めたものの、殺害の実行については否定。

 一方、検察側の証人として出廷した富士子被告は実行したのは上山被告と証言し、どちらが殺害を実行したかが争点となっていました。

 17日の判決で津地裁は、富士子被告の証言について、「上山被告に責任を押しつけ自分の刑事責任を軽くしようとしている可能性があり信用できない」と指摘しました。

 一方で、「『首を絞めたのは自分じゃない』という上山被告の証言を前提にしたとしても、上山被告が現場にいて富士子被告とともに殺害行為を完遂したことに変わりはない」として、上山被告に懲役14年を言い渡しました。