テゲバジャーロ宮崎 スタジアム建設にむけて新富町と連携

テレビ宮崎 カテゴリ:地域

Jリーグ入りを目指しているサッカーJFLのテゲバジャーロ宮崎が

サッカースタジアムの整備に向け新富町と協定を結びました。

式では新富町の小嶋崇嗣町長とテゲバジャーロ宮崎の柳田和洋代表が連携協定書に調印しました。

それによりますとサッカースタジアムの建設用地は新富町が購入する予定で

テゲバジャーロ宮崎はスタジアムの整備費全額を負担し、

完成後は新富町に無償で譲渡します。

スタジアムは サッカー専用で収容規模は5000人、新富町の中心部国道10号線沿いに建設され

建設費用は4億円程度と見込まれています。

2020年の完成を目指し今年度中には着工する予定です。

観客動員数を伸ばす課題は残っていますが

テゲバジャーロ宮崎にとってJリーグ入りにむけて大きな前進となりました。