「地域に支えてもらった」閉店の大沼米沢店・店長が感謝の言葉 山形・米沢市

カテゴリ:地域

置賜唯一の百貨店で、49年間続いた「大沼」の米沢店の営業が終わった。最後のシャッターが下ろされる瞬間を多くの市民が見守った。

営業最終日の15日は次々と買い物客が訪れ、閉店時間の午後6時半になると営業終了を惜しむ市民や元従業員など約200人が店の前に集まった。西名浩子店長は集まった人たちに感謝を込めて大沼のシンボルマークと同じバラの花を配り挨拶した。

(西名浩子店長)

「49年の長きにわたりまして地域の皆さんには支えていただきました。本当にありがとうございました」

(閉店を見守った市民)

「大沼があったからこそ活気があったというか支えになっていたと思うので、ぽっかり空いてしまうのは寂しい」

(閉店を見守った元従業員)

「この場所に来ても皆さんには会えないんだなという寂しさはある」

セレモニー終了後の午後7時すぎ、建物正面のシャッターが下り、大沼米沢店は49年の歴史に幕を閉じた。ギフトなどを扱う「サテライト店」は9月中の営業開始が予定されている。