「清らかさの象徴」ハスの花 神社のお堀で涼やかに咲く 山形・米沢市

カテゴリ:地域

お盆に見ごろを迎えるハスの花が、山形県米沢市の上杉神社のお堀で涼やかに咲いている。

上杉神社北側のお堀のハスは、15年ほど前、市内の4つのロータリークラブが中心となって株を増やし育てている。お盆に入り、仏前にも供えられるハスは「清らかさの象徴」とも言われる。花は、日の出とともに開き、午前9時ごろまでが見頃ということで、14日朝も、散歩に訪れた地元の人や観光客が、太陽に照らされて輝くハスを眺めていた。

(栃木から)

「すごくきれい。思ったより。(こんなに)咲いていると思わなかった」

(東京から)

「(東京の)不忍池のハスは有名だが、それに比べても引けをとらない大輪で素晴らしい」

真夏の水辺で涼やかに咲くハスの花。8月いっぱい楽しめる。