小型機が胴体着陸 大分空港一時閉鎖

テレビ大分 カテゴリ:地域

16日午後、大分空港に小型飛行機が胴体着陸しました。けが人はいませんでしたが滑走路が一時閉鎖され、欠航便が相次ぎました。大分空港事務所によりますと16日午後4時5分に小型飛行機が滑走路に胴体着陸しました。小型機には男性1人が乗っていましたがけがはないということです。この影響で滑走路は約2時間半に渡って閉鎖され、大分空港を発着する10便以上に欠航や遅れが出ました。大分空港事務所ではパイロットの男性から話を聞くなどして胴体着陸の原因について調べています。