暖冬で眠れない…? 県営住宅の踊り場にクマ 麻酔銃撃たれ死ぬ【新潟・見附市】

カテゴリ:地域

21日午前、見附市の県営住宅でクマが見つかり、クマは捕獲作業中に死にました。

21日7時半ごろ、見附市今町2丁目の県営今町住宅の住人から「クマが1頭うずくまっている」と警察に通報がありました。

その後、かけつけた警察などが4階と5階の間の階段の踊り場で体長およそ120センチの大人のクマを発見しました。

住民が撮影した当時の写真には、踊り場で上を見上げるクマが写されています。

【クマを発見した中学生】

「学校に行こうとしてドアを開けたら目の前にいた。襲われるんじゃないかと思い怖かった」

見附市は住民に自宅待機を呼びかけ、警察が周囲を警戒するなど、静かな住宅街はものものしい雰囲気に包まれました。

その後、県営住宅に市から依頼を受けた駆除業者が到着し、クマめがけて麻酔銃を発射。

市によりますと2発がクマに命中しましたが、その後もクマが動いたためさらにもう1発打ったということです。

そして警察が午後0時51分、死んだクマを確保しました。

麻酔が致死量に達したとみられていて、死骸はその後市内に埋められました。

クマが見つかった場所は山から遠く離れた見附市の住宅街でした。

【近隣住民】

「びっくりしますね。山でもないのに」

すでに冬眠の時期に入るなか、専門家は今回のクマについて、暖冬の影響を指摘しています。

【長岡技術科学大学 山本麻希准教授】

「雪が降れば餌を得る機会も減るので、クマもある程度『しょうがない』と寝てくれるけど、いつまでたっても秋のような状態なので、『まだいけるじゃないか』ってクマも思ってしまった可能性はある」

「暖冬で冬眠できないクマが増えている」

今後もクマに注意が必要となりそうです。