「欲望に負けてしまった」 巡査部長がわいせつ行為 県警は公表せず【新潟】

カテゴリ:地域

県警の巡査部長が去年、県内の女性に対するわいせつ行為により懲戒免職処分を受けていたことがわかりました。

去年7月に懲戒免職の処分を受けていたのは、県内の警察署に勤務していた50代男性の元巡査部長です。

県警 監察官室によりますと元巡査部長は去年、勤務時間外に県内の女性に対し、体に触るわいせつ行為や性的発言を複数回行っていたということです。

元巡査部長は聞き取りに対し「欲望に負けてしまった」と事実を認めています。

警察庁の指針では懲戒免職処分は原則、公表することになっていますが、県警は「被害者の女性が公になることを望んでいない」として事件化せず公表もしていませんでした。