1月18日は"118番の日" 20年目で「運用司令センター」初公開 背景には切実な思いが【新潟】

カテゴリ:地域

1月18日に海の緊急通報ダイヤル「118番の日」を迎えるのを前に、第九管区海上保安本部が16日、通報時に対応する「運用司令センター」を初めて公開しました。

16日に公開された第九管区海上保安本部の運用司令センター。

今回は釣り人が転落し、海の緊急通報ダイヤル118番通報を受けたという想定で訓練が行われました。

【運用司令センターの職員】

「機動救難士同乗のうえ、直ちに捜索・救助に当たられたい」

「118番」の運用が始まって今年で20年。

施設の初公開に踏み切った背景には、118番に関する切実な思いがあります。

【第九管区海上保安本部 運用司令センタ- 三階康所長】

「やはりまだ認知度は低いのかなと」

第九管区海上保安本部管内では去年、1万3489件の通報がありましたが、そのうち実に98パーセントが間違い電話などの無効な通報でした。

【第九管区海上保安本部 運用司令センタ- 三階康所長】

「慌てないで落ち着いて118番を通報して頂ければと思います」

118番通報の認知度向上へ。

第九管区海上保安本部は18日に新潟市内でキャンペーン活動を行う予定です。