手を振る人影も… バックカントリースキーで消防士が行方不明【新潟・湯沢町】

カテゴリ:地域

湯沢町のかぐらスキー場でバックカントリースキーをしていた神奈川県の男性が行方不明になり、現在警察や消防が捜索を行っています。

行方不明になっているのは、神奈川県在住・消防士の男性(44)です。

男性は15日午前9時ごろ、「かぐらスキー場のバックカントリーに行く」と妻に伝えた後、16日になっても連絡が取れないことから、妻が16日午前6時45分ごろ警察に通報しました。

警察によりますと、男性はかぐらスキー場の頂上付近からコースを出て三俣方面に向かったとみられています。

スキー場の駐車場には、男性が乗っていたとみられる乗用車が見つかったほか、15日に提出された登山届も確認されています。

登山届には「15日午後2時半に下山する予定」と記載されていました。

警察や消防は16日午前9時半ごろから捜索を行っていますが、警察によりますとヘリコプターに手を降る人影を発見し、確認中だということです。